myara CG blog

CG Design Blog. Thoughts, experiments and experiences.

SI | HQVが原因でシーン保存が100倍遅くなる問題

Softimage の High Quality Viewport (以降 HQV ) が原因でシーン保存とリファレンスが約100倍遅くなる問題についてPsyop の Andy Jones氏が SI メールリストに報告しました。

https://www.mail-archive.com/softimage@listproc.autodesk.com/msg26264.html

全部訳すのは面倒なので、超省略しちゃいます。

リファレンスモデルをアンロード:
HQV 有効のまま:250秒
HQV 無効にすると:3秒

シーン保存:
HQV 有効のまま:15分
HQV 無効にすると:30秒


HQVは実際に使用しなくても、HQVが有効になっていれば起こる現象だそうです。(Psyopではほとんど使用されていない)

HQVは使用してもしなくてもデフォルトでは有効になっているので、
プリファレンス設定でHQVをOFFにする必要があります。

リモートコントロールでやると、シーン保存は通常(早い)に出来たそうなので、
グラフィックドライバーの問題も考えられます。
色々なドライバーを試してもダメでしたので、Psyopの方ではHQVを無効にする事になりました。
因みにPsyopはほとんどQuadroだそうです。

普通にプリファレンスを開いて、Displayのところで設定が出来ますが、
以下のSnippetを使えば、そのオプションを探さなくてもすぐにHQVを無効にする事ができます。


#Python
Application.SetValue("preferences.Display.high_quality_viewport", False, "")


これを使って、プラグイン・イベント化にして、共有Workgroupに入れれば、会社の皆のPCを一発でこの設定に変更ができそうですね。やろうかな。