myara CG blog

CG Design Blog. Thoughts, experiments and experiences.

SI | mStraightUV ピックでUV整列

今やっているSoftimageのプロジェクトで真っ直ぐにしないといけないUVが多くて、もっと自動的に出来るじゃないかなと思ってツールを書き始めました。

PythonはXSIのCollectionを使うとかなり遅くなるからJScriptで書きましたが、
あまりCollectionは使わなかったからPythonでも良かったかも。

色々考えてやってみたけど、左右のUVが重なっている場合(左右対称のモデル)や三角形が多い場合はなかなか難しかったので、全自動を辞めて整列したい部分を自分で選べば良いかと思いこのツールを作ってみました。

ツールを実行するとピックカーソルが出てきます。
ピックカーソルで選択します。
選択されているUVの位置の最大値と最小値で向きを判断します(横Uか横V)
UVサンプルを真っ直ぐにして、そのままピックカーソルが残ります。
ボタンを何も押せずに選択していくだけで整列されます。
繰り返し。

SHIFT押しながら選択していくと整列するUVサンプルに加われます。
右クリックで終了。

結構シンプルな仕組みです。
良かったら使ってみてください。


mStraightUV from myara on Vimeo.



DOWNLOAD
mStraightUV Link

INSTALL
Script式です。
ツールバーやメインシェルフにドラッグ&ドロップでボタンを作る。
もしくは、スクリプトエディターで実行する。