FC2ブログ

myara CG blog

CG Design Blog. Thoughts, experiments and experiences.

PySide + SI 2015 + Win10

= エラー


以前公開したmSkinはWindows 10 + Softimage 2015 だと動かないという報告があった為、色々調べてみました。
因みに Windows 10 + Softimage 2013 では特に問題がありません。
2014は未確認。

カスタマイズされたPySideとPyQtForSoftimageが必要で、残念ながら外部Pythonでしか効かないワークアラウンドです。
面倒だけど、PyQtを Windows 10 + Softimage 2015 で使いたければこれをやるしか方法がないです。

必要なソフト:

・Python 2.7
https://www.python.org/downloads/
注意:メインページの一番目立つリンクは 32bit版です。
Python 2.7 の最新リリースを探って、ちゃんと 64 bit版をダウンロードしてください。
64bitのインストーラーのファイル名は「amd64.msi」で終わります。
例:python-2.7.14.amd64.msi

・PyWin32
https://github.com/mhammond/pywin32/releases
Python 2.7 amd64 用のインストーラーをダウンロードしてください。
例: pywin32-221.win-amd64-py2.7.exe

・PySide 1.2.4 yamahigashi (松本)氏のカスタマイズバージョン
PySide-1.2.4-cp27-cp27m-win_amd64.whl
https://www.dropbox.com/s/y1mfleopvx5cr2w/PySide-1.2.4-cp27-cp27m-win_amd64.whl?dl=0

・PyQtForSoftimage yamahigashi (松本)氏のカスタマイズバージョン
https://www.dropbox.com/s/9x9k3u27v2oslmr/PyQtForSoftimage_win10_returnedvalue.xsiaddon?dl=0
mSkin_Win10_SI2015_WG に同封しています。

・mSkin 2015
Download
以上のPyQtForSoftimageが同封してあります。



インストール+設定方法:

・Python 2.7, PyWin32
両方はダブルクリックして、インストールが出来ます。

・PySide
Pip を使ってインストールします。

Python27のScriptsフォルダでコマンドプロンプトを開く。(おそらく管理者として開く必要がある)
※ PowerShellでもOK。

例: C:\Python27\scripts

最新のPython27はインストールしていたらpipの更新する必要がないでしょうけど、念のためにpipをアップグレードしましょう:

pip install --upgrade pip



yamahigashi氏のPySideをインストールする:

pip install whlファイルのパス


例:

pip install PySide-1.2.4-cp27-cp27m-win_amd64.whl



・環境変数
外部のPythonはSoftimageで認識されるようにPythonの環境変数を設定する必要がある。

Windows ボタンを押して enviro、もしくは 環境 を書けば、すぐに出てきます。

新しい「PYTHONHOME」という名前で環境変数を作って、Pythonをインストールしたパスを記入すれば完了。
例:C:\Python27

Softimage で プリファレンス / Scripting の
Use Python Installed with Softimage (Windows Only) というオプションのチェックをはずして、Softimageを再起動。

xsi_scriptpreference.jpg

・PyQtForSoftimage / mSkin

mSkinを使う場合は Workgroup にこのmSkin2015バージョンを接続するだけで完了。
PyQtForSoftimageをインストールする必要がありません。

mSkinは使わない場合は、yamahigashi氏のPyQtForSoftimageをインストールしてください。
このカスタマイズされたPyQtForSoftimageのgetQtSoftimageAnchorは long 値 ではなくストリングを返す為、long(sianchor)を使っている部分は編集する必要があります。

例:

sianchor = Application.getQtSoftimageAnchor()
sianchor = Qt.wrapinstance(long(sianchor), QWidget)



sianchor = Application.getQtSoftimageAnchor()
sianchor = Qt.wrapinstance(sianchor, QWidget)


に変更


これで PySideはWindows10 の Softimage 2015 で使えるようになります。

スポンサーサイト