myara CG blog

CG Design Blog. Thoughts, experiments and experiences.

SI から Maya へ ③ モデリングツール

タイトルは分かりづらいから「 モデリングツール」 とか、その記事のテーマをタイトルに入れて行こうかな。

では、もう少しモデリングツールの話をしましょう。

■ Curvature Continuity

SI 2012 SAP から追加された機能です。これはめちゃめちゃ使っています!
エッジを足す時にカーブになるような角度をつけてくれる機能です。

MTKにはありません

が、Maya 2014 から Insert Edge Loop にはあります。「Adjust Edge Flow」というオプションです。
SIみたいにリアルタイムで効果が見れませんが、エッジをつけてから「Attribute Editor」の中では Insert Edge Loop のパラメーターをいじればリアルタイムの変化が見れます。

因みに、Insert Edge Loop は Attribute Editor に入ると polySplitRing という名前になってしまいます。もう少し似ている名前にして欲しいですね。


curvature.jpg


■ Bevel

SIでは複数のポリゴン(面)を選択してBevelをかけると、選択がグループ(面の塊)として認識され、そのグループの輪郭にベベルがかかります。

Mayaの場合はポリゴン一個ずつにベベルがかかってしまいます。
なので、SIと同じようにしたい場合はエッジだけでベベルを掛けた方が良いでしょう。

因みに、そのポリゴンのアウトラインを選択したい場合はこのMelコマンドで出来ます:

select -r `polyListComponentConversion -ff -te -bo`



因みに、MayaのBevelもSIと同じぐらいUVを壊してくれる。




つづく



--------------------------------------------------

まだMayaを使ったことがない人は、以下のリンクから体験版をダウンロードが出来ます。
Maya 体験版 リンク
Maya 全バージョン ダウンロードリンク (シリアル番号なしでインストールすると体験版になります)


 

Comments

非常にありがたい記事ありがとうございます!

初めましてSI難民のklinefeldと申します。
このSIからMAYAへの記事は大変ありがたく読ませていただいております。ありがとうございます。
ぜひとも聞きたい!ことがありまして、ジオメトリ アプロクシメーション(SI)に対応する機能はホットキー”3”のスムースメッシュ(MAYA)なんでしょうか?これを使うとインクラインがスムーズ前の形状の輪郭に引かれてしまいます・・・。
もしよろしければそのあたりの記事もお願いいたします!

  • 2014/04/07(月) 14:13:44 |
  • URL |
  • klinefeld #-
  • [ Edit ]

klinefld さん
コメントありがとうございます。

ジオメトリアプロクシメーションですね。
完璧に理解している訳ではないと思いますが、これについて今度は少し書きます。

インクラインというのはToon Outlineのことでしょうか?
正直アニメ系のレンダリング経験が少ないです。

自分が数年前に関わったプロジェクトでは、
Toon Outline の サブディビジョンは
Mental Rayのアプロクシメーション設定でやっていました。

Window > Rendering Editors > Mental Ray > Approximation Editor
Subdivisions のところで Create。

ビューポートでローポリのままだけど、レンダリングするとハイポリになります。

役に立つのでしょうか?

  • 2014/04/07(月) 16:58:25 |
  • URL |
  • myara #f6g8zLr6
  • [ Edit ]

ありがとうございます!できました。
SIの感覚と違うってのを常に頭に入れておかないと、混乱していきますね。
SIと同じ用語で違う意味や概念を持つ物も多く中々SIのように自由に使いこなせません。
頑張って習得します。ありがとうございました。

  • 2014/04/07(月) 18:32:34 |
  • URL |
  • klinefeld #-
  • [ Edit ]

MR の Approximation Editor じゃなくても、 アウトラインのポリゴンのサブディビジョンを上げれば出ると思います。ややこしいやり方書いてしまってすみません。

MayaのToon Outlineはカメラのエフェクトとかじゃなくて、Outlineを付けたオブジェクトからクローンのような物を作るっぽいですね。このクローンのサブディビジョンと本体のサブディビジョンは別々で設定しないといけません。

Mayaは SI の何倍も面倒くさくて、ワークフローが遅いです。俺は必要でない限りMayaは使いませんが、ある程度のMaya知識がないと、仕事が少なくなってしまうから頑張りましょう。

  • 2014/04/07(月) 18:56:32 |
  • URL |
  • myara #f6g8zLr6
  • [ Edit ]

重ねてありがとうございます!
カメラエフェクトでもシェーダでもないんですね。奥が深いというべきか、面倒というべきか。。。
本当に仕事少なくなりますね。
この間行った会社、全員MAYAでした。
MAXがちょろっと使えるだけの自分は会話すら成り立たず・・・。(僕はMAYAはまったくわからず相手はSI自体触ったこともなく)頑張りますよ。じゃなきゃ喰ってけないっす!

  • 2014/04/08(火) 09:07:42 |
  • URL |
  • klinefeld #-
  • [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://myara.blog.fc2.com/tb.php/186-7a6de7fb
Use trackback on this entry.