myara CG blog

CG Design Blog. Thoughts, experiments and experiences.

PS : Save As TGA

理由は良く分からないけどCG業界ではTARGA(TGA)フォーマットが良く使われているので、フォトショップでTGAを保存することが多い。

確かにプログラム的に読み込みやすくて、圧縮が掛かっていないため画質が綺麗です。

まぁ、それはどうでも良い。

しかもゲーム業界だとNW4C-TGAもあるから、ちゃんと選ばないと違うTGAになってしまいます!
(自分は要らない時にNW4Cプラグインをプラグインフォルダから外してるけど)

なので便利なアクションを使って、ボタンをぽちっと押すだけでTGA保存してくれるアクションが簡単に出来ますね。
アクションって良いですね。

しか~し。アクションだとフルパスになってしまうので、違うフォルダにあるファイルを開くと、さっき作ったアクションが使えなくて、アクションを修正するか、作り直すことになっちゃいます。

こんな時にこのスクリプトが役に立つかもよ!


同じフォルダにTGAを保存するという単純なスクリプトでございます。

コメントも書いておいたのでjavascriptがあんまり出来なくても簡単に編集が出来ると思います。
見れば分かると思いますが、// を書くとその列が無効になります。

以下のコードをメモ帳にコピペーして、「js」という拡張子で保存すればOK:

javascript

// 現ファイルのパス
var docRef = app.activeDocument
var docPath = app.activeDocument.path.fullName
// 現ファイルの名前
var docName = app.activeDocument.name
// 拡張子無しのファイル名を取得(fileName)
var fileName = docName.substring(0,(docName.length-4));
// パスを細かく分ける。(例:一つ前のフォルダを取得)
// var splitPath = docPath.split("/")
// var PathName = splitPath[0]
// for (i=1; i<(splitPath.length - 1); i++)
// {
// PathName = PathName.concat( "/", splitPath[i] )
// }
// PathName は 一個前のフォルダになります。

// TGA 設定
//--------------------------------------------------------
targaSaveOptions = new TargaSaveOptions()
// 色深度: 24bit = TargaBitsPerPixels.TWENTYFOUR(アルファ無し)
// 32bit = TargaBitsPerPixels.THIRTYTWO (アルファ付き)
targaSaveOptions.resolution = TargaBitsPerPixels.THIRTYTWO
// アルファチャンネルを保存(32bitの場合はここにfalseにすると、空のアルファになる)
targaSaveOptions.alphaChannels = true
// RLE圧縮:
targaSaveOptions.rleCompression = false
//--------------------------------------------------------

// 画像の解像度変換(リサイズ) (例:解像度を半分にする):
// var resizeWidth = docRef.width /2
// var resizeHeight = docRef.height /2
// docRef.resizeImage (resizeWidth, resizeHeight)

// パス+ファイル名。拡張子無しの名前になっているから、好きにリネームが出来ます
var newFileName = new File (docPath +  "/" + fileName + ".tga")
// 実行コマンド:
app.activeDocument.saveAs(newFileName, targaSaveOptions, true, Extension.LOWERCASE)


スクリプトのインストール方法:
フォトショップフォルダ内のPreset (プリセット)のScript (スクリプト)に入れると自動に登録されます(ファイルメニュー / スクリプト に出てきます)。
これをアクションで保存するとスクリプトのショートキーを作ることが出来ます。

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://myara.blog.fc2.com/tb.php/19-0c5f98f1
Use trackback on this entry.